So-net無料ブログ作成

”Days” [レコード]

今回の記事、実は昨年12月に書いたもの。

「下書き」として放置していたら自分の中ですでに旬を過ぎてしまった為、お蔵入りの予定だったのですが、ある理由により公開。その理由というのが、かくかくしかじか・・・。

※決して、「4月は記事書かなきゃ!3月なんか記事1本で・・・」という理由ではない。。
また、「レコード・カテゴリ記事なんか去年の6月以降書いてないじゃない。メインのブログテーマなのに・・」という理由でもない。。。

 

以下、本文。 




 

先日購入した中古レコード。 THE KINKSの "Candy from Mr.Dandy"。
それまで聞いた事もないタイトルの10インチ盤で、一見してジャケットも適当だし胡散臭さが満点。ブート盤だと思ってスルーするところだったんですが、ふと収録曲を見ると「Days」が収録されている。

※「Days」は68年のアルバム「The Village Green Preservation Society」に本来収録されるはずだった曲。「シングルヒットしそうな曲だから収録しない!」と、いかにもキンクスな渋い理由でシングル盤でのみ発売された。

※ネットで調べたところ、これは83年発売の英国PRT盤
。発売時期と収録内容からいってヒットシングル盤を集めて売らんかなと目論んだベスト盤ですね。10インチというところがちょっとミソかしら。


***********

はるか昔、徹夜明けで観たヴィム・ヴェンダースの「夢の涯てまでも(Until the End of the World)」の中で「Days」という曲を初めて知った。ひねりの多いキンクスの曲とは思えぬストレートな”歌”で、最初キンクスの曲だとは気付かなかった。 過ぎ去った日々の憧憬を歌ったThank you for the days♪で始まる易しい歌詞もあってキンクスにしては珍しく口ずさめる歌。そして今ではキンクスの曲では一番好きな曲。

この曲をレコードで聴きたいと思っても、キンクスのPYE時代のレコードは恐ろしく高価・・・というか、そもそも収録されているレコード(アルバム)が存在するのかしないのか。当時のシングル盤(さらに状態の良いもの)など探し始めると恐ろしい事になるし・・・。
仕方なくCDで我慢していたのが、期せずしてレコードの音で聴ける事になった。


 
写真左上は本来はここに収められる筈だった「ビレッジグリーン・・・」のデラックス・エディションCD。このCDには「Days」もアルバム関連作品という事で収録されています。


レコードで聴く「Days」はCDと比べると、その生き生きとした感じが素晴らしい。演奏者との距離もとても近く感じる。キンクスの生の演奏を近くで聴いた事などないけれど。 

単に音として聴くとCDの方がまとまりが良いけど、音楽として聴くとレコードの方が全然良いと感じるのは何故?音楽が音楽として生きているような気がする

いつもの事だけど、レコードの音のどういう要素がそういう感じを与えるのかよくわからない。
わからないというより言葉では上手く表現できないというべきか。

言葉に出来ないものだから好きなんだよね、きっと。




現在に戻る。

実は少し前に、この下書き記事を読んでいたら、

「PYEの美しいピンクレーベルを見てみたい」
「当時の英国盤のビニールコーティングされた薄っぺらのジャケに触れたい」
「kinksオリジナル盤の音はどんなだ?」

・・等々とレコード好きの心が突然騒ぎ始めてしまいまして。。。

その顛末は近い将来レコード自慢ネタとして記事となる(はず・・)
です。


 

4月に入ると [雑感]


先:「さっきから何をそわそわそわそわしてるの!」

ふ:「いえ。その、何といいますか、
暖かくなったせいか、体がもぞもぞ、そわそわ・・・」
  「春って、植物も芽を出して動物も冬眠から覚めて・・・人間の体も同じじゃないかと・・・」

先:「クマか、お前は!」

 
上は、まだ自分が20代の頃、春になるといつも以上に散漫になってしまう自分が、お約束のように会社の先輩と交わしていた会話。
自分に限った事ではないと思いますが、春は何故だか、もぞもぞ、そわそわしてしまいますよね。
しまいませんか?(笑

************

4月に入って、街を歩いていても通勤電車の中でもピカピカのスーツに身を包んだ、もう見るからに新入社員!と思しき人達でいっぱい。そんな姿を見たり近くにいたりするだけで、ついついこちらもフレッシャーズ(w)に戻った気持ちになって、「何か新しい事でも始めてみるか!」という気になったりします。

気温の変化が体にもたらす作用というのも確かにあるのかも知れないけど、どちらかというと彼ら彼女らの生き生きとしたエネルギーに影響を受けているような感じがある。企業にとって新入社員が必要な理由がよくわかります。

特に、自分の仕事や生活環境に何の変化があるわけでもないのに、いろいろなものが新鮮に感じられてしまう不思議な季節なのです。


RIMG0079.JPG


(補記)
この後、新しい靴が欲しくなったり服が欲しくなったり、このへんは男も女も同じなのだ、それが春なのだ・・・と話しを展開させるつもりが集中力の欠如により唐突に終了。雑だなあ。。。


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感