So-net無料ブログ作成
検索選択

ギター製作、学研の。 [HOBBY]


RIMG0941.JPG
書店で見つけて思わず購入してしまった学研の「大人の科学」。今回の付録はエレキギター
アンプとスピーカー内臓でそれなりの音が出るのだとかZO-3?)

ギターはクラシックギターを学生時代に練習して、定番の「禁じられた遊び」を弾ける程度にはなっていたのですけど、以後触れることがなくなって今は全然弾けません(お決まりのパターンというかトレモロ奏法が出来ずに挫折してしまいました)。いくつかのレパートリーだけでも継続的に練習していれば、イザという時にカッコ良かったんですけど。
 
という事で以下、製作過程。
 
 
 RIMG0946.JPG
弦を張った状態。プラスティック素材で強度は問題ないのかと思っていたら、ネックの片側に張るのではなく、裏~表面を1周させる方式を採っていた。この状態でも演奏可能。
 

RIMG0947.JPG
基盤部分。コードの取り回しに四苦八苦。この時点ですでに1時間半経過。。。

RIMG0958.JPG
製作のクライマックス。ピックアップのコイル巻き。
力を入れると切れそうな細いコイル線をただひたすら巻き続ける。一体何十周巻いたのやら。
巻き終わってからの処理がまた妙にやりづらいし・・・見た目ボロボロ。

RIMG0960.JPG
約3時間かけてようやく完成。
ちょっと作業に雑なところもあり気になっていたので、無事に音が出た時はひと安心。



♪ ♪ ♪

出てくる音は、内蔵のアンプ・スピーカーだとファズっぽい?音。
ギターアンプを通すとクリアな音になるらしいけど、このままでもそれっぽくてカッコいいかな。

1~4弦のみ、細いネック、ミニサイズのフレット・・等、決して弾きやすくはないし、
チューニングにもなんとなく微妙なところがあって、まあオモチャの域はでてませんけど、
以前のテルミンなどと比べるとそれなりに”楽器”になってます。

という事で本誌に載ってるタブ譜を見て弾き始めたのですが、ところどころで音が変。
チューニングの問題?・・・というかそもそもタブ譜の見方がよくわかってない。。。

このギターの音色に一番合いそうな、「星条旗」(@ジミヘン風)は是非マスターしたい。


RIMG0963.JPG
ウクレレと並べてみた。
それにしても・・・年末のこの忙しい時期に何をやっているのだ、おれはw
 
 

TD160 [オーディオ]

またレコードプレーヤーを増やしてしまった。

レコードプレーヤーというのは、その性格上40センチ×45センチくらいのスペースを絶対に必要とするものであり、「狭い部屋にこれ以上置いてはいけない最たるもの」の扱いだったのですが、出物を見つけてしまって、つい・・・。

RIMG0332.JPG

独トーレンスのTD160MKⅡ。LINNのLP12の祖でもあるTD150の後継モデル。76年発売だからパンク・ニューウェーブムーブメントの頃の製品か。自分の好きな音楽を当時のレコードで当時の製品で聞く。これ最高かと・・・^^;。
ビンテージとはいえないまでも30年以上経過した製品であり、メンテナンスは相応に苦労するかも。

TD160はLP12同様にサブシャーシをシャーシーから吊り下げるフローティング構造で、ターンテーブル部とトーンアーム部がフワフワと揺れる・・・はずなんですが、どこかで固定されているようで機能していない。マニュアルを見るとセットアップ手順として裏面にある穴からボルトを回せと書いてありますけど、構造を把握もせずにネジ・ボルトの類をイジると大抵ロクな事がない。さらにスピンドルオイルの状態を確かめようとしても金属のフックでプラッターが一定の高さ以上は上がらなく(抜けなく)なっている。

・・・・・。

仕方ないので中を覗いてみる事にした。

RIMG0315.JPG
底板に貼ってあった注意書き。
「開けるな!」と書かれても・・・開けないと中の構造がわからないし・・・。

 RIMG0886.JPG
底板を外して裏側から見た内部構造。写真右上がモーター。右下が回転数変更レバー。
メインシャーシーの上(実際は下)にあるのがサブシャーシで、そこにトーンアーム部とスピンドル受け部がある。
サブシャーシの左上、右上、下のサスペンション部で高さ(水平)とフワフワ感(Bounce)を調整する。
構造は結構単純。でも単純さゆえに調整は難しそう。
 
引越しなど移送時用に、右端・左端の木枠についてるボルト(銀色)でサブシャーシーを固定する仕組みになっていた。これをリリースする事でサブシャーシーのサスペンションが機能する。

スピンドル部の左側にある台形状の金具が表側でプラッターを固定するフックとなっている。はて?スピンドルオイル補充って本来ユーザーがするものではないという思想なのかしら。これを外さないとプラッターを抜くことが出来ないんですけど。

(中略)

という事で、無事(というかとりあえず)セットアップ完了。
適当な置き台を用意して適当に設置。

RIMG0892.JPG

フローティング構造についてはレコードの載せ替えやアームの操作時にもフワフワと揺れるため慣れないと結構扱いにくい。効果の点では微振動には強そうですけどターンテーブル本体がドンと動くような振動には効果が無い(針が飛んだりする)。という事で土台はかなりしっかりしたものにする必要がありそうです。当たり前ですけど。


RIMG0889.JPG

アームはSME3009imp。トーンアームというのが総じて調整項目が多いものですけど、SMEのアームにはナーバスな部分が多く調整は確かに難しい。調整次第で最悪レコードの状態に影響を与える事だってあると考えるとつい時間を掛けてしまいます。

ああでもないこうでもないとアーム調整をひたすら繰り返しちょっと疲労気味に。どちらかというとソフト派の自分には、ほどほどメンテフリーな部分というのが重要なのかも、等とチッコリーニのサティを聴きながら考えてしまいました。オーディオ趣味&機械いじりとしては面白いんですけどねえ。




以上は先月書いていた記事。なかなかオーディオ的な記事なので「下書きフォルダ」からアップしました。その後も、アームのシェル面の傾き疑惑(⇒解消)とか、プラッター回転時の異音(※)調査とか・・・機械としてのレコードプレーヤーというものはやっぱり面白い。

※1周に一回、規則性をもって”チッ”という機械式腕時計が発するような種類の音がする。本体に耳を近付けて意識を集中して始めて聞える程度のごく小さな、むしろ良い感触の音なんですけども。無音である事に越したことはない・・・(未だ原因特定できず。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。