So-net無料ブログ作成
検索選択

詐欺サイト [雑感]

あろう事か、詐欺サイトにやられてしまったのである。

ショッピングサイトもどきの詐欺サイトで、クレジット決済を行ってしまい、クレジットカード情報と代金2400円也を渡してしまった。

何ともカッコ悪く恥ずかしい話しなのですが、これからの被害者を一人でも減らしたくて、ブログに書くことにしたのである。


<経緯>
・音楽関連のある書籍(アマゾン在庫なし。絶版間近?)を探していて、グーグル検索してみたら、検索順位2番目にそのショッピングサイトの商品ページが表示されたのである。しかも定価20%オフ、送料無料で。

こりゃラッキーと思い、即ポチして、迂闊にもクレジット決済まで行ってしまった。

※もはやインターネット通販を利用する事になんの疑問も抱かなくなっており、金額も1600円くらいのものだったので、つい慎重さを欠いてしまった。

で、翌々日に、ふと、あれ?あの注文、配送日に関する連絡を貰っていないな、いつ届くんだろ?と疑問がわいて、あれこれを確認し始めたところが、次々とおかしな部分に気づいてしまった。時すでに遅し。


<おかしな点>
・サイト上での購入金額(1641円)とクレジットカード利用金額(2395円)が異なっている。
・クレジット明細上、なぜか海外取引となっている。

・サイト側でこの注文に振られた「ご注文番号」は108番である。100って...注文少なっ。

・翌日、意味不明な日本語で簡体字中国語フォントのメールが来ていた。
 (件名:ご入金予定日のお伺い。クレジット決済済みの筈なのに。)

・こちらからの問合せメールには無反応。

・購入時はその商品ページに直接飛んだため気づかなかったが、改めてトップページを見ると、リストされている商品が一律20%オフとなっている。さらにここに載せてある商品データは他のショッピングサイトからパクったもののようである。

・トップページ及びブラウザのタイトルバーに名前(社名なり商号なり)がない。

通信販売サイトなのに、特定商取引に関する法律に基づく表記がない。
(会社概要表記は一応ある。ただ調べてみると内容は出鱈目...。)

・ネットの知恵袋サイトには同様の詐欺サイトの事例が多数あった。それらの事例と自分がやられたサイトは別のものだが、サイトの作り・構成が全く同じ。

ドメイン情報検索すると、国はバングラデシュ、メアドは中国、電話はニュージーランドのもの、と無茶苦茶

ここに至って、これは詐欺サイトだなと確信し、クレジットカード会社にカードの停止と再発行を依頼した。


<問題のサイト>(LYCSTIWE.COM)
 
  lycstiwe.jpg
ショッピングカートありマイページあり。ショッピングサイトの作りとして至極真っ当。 
商品もその分野のものがきちんとカタログされている。予め疑って見てないと怪しさはわからない。

 
振り返ると、怪しい部分もそれなりにあったにも関わらず、それに気づけなかったのが情け無い。 
海外(おそらく中国)で巧みに活動している以上、いったん騙されたら後は泣き寝入りするしかないのが現状。被害額2400円。金を無駄遣いしたならまだしも、悪意ある連中に与えてしまったというのが腹立たしい。
 
かなり大規模に行われている手口みたいで、同様のサイトがかなり大量にあるみたいです。  
アマゾンとかヨドバシとか明らかに信用のおけるものを除いては、初めてのサイトを利用する時は過度に疑ってかかるくらいがちょうどよいかと。
 
皆様是非是非ご注意を。
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。