So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ピンクフロイド関連 [音楽]

いつだか記事にしていたピンクフロイド超高額BOXは先般幸いにも中身がバラ売りされて、70年・71年パートを入手して視聴する事が出来ました。「原子心母」って自分の中ではそれ程評価の高くない作品だったのですが、それはちょっと過剰なアレンジによるものであって、バンド形態での演奏を聴くと一連のフロイド作品の中でもなかなか優れた作品であり、以降、エコーズ~狂気へと至るフロイド作品群のなかで、重要なポイントだったのだなと印象を新たにした。

アイテム内に収録されている「原子心母」「エコーズ」のマルチチャネル音源を楽しむ為、AVアンプ導入を検討中。タダでさえ狭い部屋にサラウンド環境なんか作りたくないのですが、今回のフロイド以外にも、所有する音楽ソフトの中にサラウンド音源が含まれているもののが結構増えてきてそろそろ時期なのかなと。

ピンクフロイドといえばロジャーウォーターズ新作発表のニュースがありました。以下、発売元ソニーミュージックのリリース情報より一部抜粋。

ピンク・フロイドの“頭脳、”25年振り「怒り」のニュー・アルバム
ピンク・フロイドデビュー50周年の記念すべき年に、“ピンク・フロイドの頭脳”=ロジャー・ウォーターズが1992年『死滅遊戯』以来25年ぶりのニュー・アルバムをリリース。プロデューサーにはレディオヘッドで知られるナイジェル・ゴッドリッチを起用(2015年『Roger Waters: The Wall』でもプロデュースを担当)。世界中で起こる紛争、危機、差別、環境問題、政治情勢、渦巻く不安感・・・もはや我慢ならんとロジャーが立ち上がる

デビュー50周年で25年振りニューアルバムって...すごい話だ!と思ったけど、確か少し前にフランス革命をテーマにしたオペラ作品を出してたような...あれは無かった事になってるのかしら。それにしても、もはや我慢ならんって…なんかヘンテコなコピーだ。。。 ロジャーウォーターズといえばトランプ大統領を”PIG”呼ばわりしたりしてニュースになってましたけど。新作でも変らぬロジャー節を期待してます。

もう駄目だこりゃ [レコード]

近頃はアナログレコードブームとかで、音楽ソフト市場は縮小する中、アナログ盤の国内生産実績はうなぎ上り(とはいっても市場全体の1%にも満たない微々たる数字ですが)。CDショップでも家電店でも新譜アナログ盤やら大手メーカーの新作レコードプレーヤーとかよく見かけるようになりました。 オーディオ雑誌でもアナログレコード特集とか盛ん(今月発売のオーディオ界最高峰「STEREO SOUND」誌でもアナログセッティング術とか特集してるし。結構チカラ入ってた。)
海外でも同様かむしろ顕著な状況で、絶滅寸前のCDに変ってアナログがフィジカルメディアの主力になりそうな雰囲気です。

で、それに逆らってというわけではないですが、自分は最近はレコードでなくCDばかり聞いてます。もちろんレコードの方が音的にもいでたちも好きなんですけど、レコードを敬遠したくなるような状況がありまして。

というのが…

最近のアナログ盤の品質悪すぎます。程度はいろいろですが今の輸入盤新譜で反りのないレコードというものを見た事が無い。もう買うレコード買うレコード見事に反ってます波打ってます、たまにノイズも入ってますw


感覚では輸入新譜アナログ(もちろん新品)を10枚買うと大体以下の状態

A)反り・偏心等が全くない(なお国内盤は全部これ)    ・・・0枚
B)反り・偏心があるが微小(輸入盤にしてはラッキー)   ・・・3枚
C)反り・偏心が普通にある(まあ海外品質ですから)    ・・・4枚
D)反り・偏心が大きい  (何をどうしたらこうなるのやら)・・・2枚
E)反り・偏心が酷すぎる (よく針飛びしないなと感心する)・・・1枚

ある製品が世の中に出てマスプロ化するに従って質が下がっていく現象を表す言葉が経済学にあったような気がするけど、まさにそんな感じ(品質管理だと「工程(工期)」「原価」「品質」の相関関係が認められてる)。

近頃の新譜アナログは180gの重量盤仕様が多く本来反りに強いはずですが、そんなの関係なしに反ってるし、よくわからないのがA面は大丈夫なのにB面だけ反ってるとか・・・まさか貼り付けてるわけでもなかろうに…。ランクD)E)のレコードにあたった時は申し訳ないけどショップに交換返品お願いしたり買いなおしたり・・・。もうイヤ。

中古レコードに昔から馴染みがあってそのコンディションの当たり外れにもわりあい寛容な自分でもこんな風に感じるのだからアナログレコードに初めて触れてこれから楽しもうとする人がそんな盤に当たったら果たしてどんな気持ちになるのかなと。がっかりして嫌になったりしないのかしら。アナログ復権とやらに水を指さなければいいが・・・とオーディオ評論家みたいな事を書いてみました。
 
 
*** 
と、ここまで書いておいてアレなんですが、”アナログレコードの反り”に関して考えさせられる動画が以前あったのを(さっき)思い出したので貼り付けておきます。
 
昨年ソニーから出たレコードプレーヤーPS-HX500の紹介動画(デザイン良い。PCに直接続で音源データ化できるとか便利ですよね。自分には意味ないのでそういうのしないけど)。この中でレコード再生してる部分があるのですが・・・ 




 
反ってます。見事に波打ってます(前述のランクだとC~Dの間くらいかな)。いや別に、反ったレコードの再生動画は珍しくないですが、ソニー(海外法人ですが) がオフィシャルに作成している新製品のレビュー動画で、なんでまた反ったレコードなんか使うのだろう。一体どういう感覚してるのか?反ってても針飛びしないアピール?
 

ん?
 
というかもしかして…。えっ、そうなのかな…。
 
海外では)レコードというのは普通に反っているものなのだ!それが普通なのだ! 
レコードが反ってるくらい誰も気にしないし。
そんな事でちまちま1000字越えのブログ書いてる奴って・・・草。
 
うーん。多分そうなのかも。。。 
 

騎士団長殺し [雑感]

まあ一種のお祭りでもあるので、村上春樹の新作長編「騎士団長殺し」(すごいタイトルだ!)は2月24日発売日に買ってきた。まだページは開いてない。

 s-IMG_0264.jpg


今でこそ村上春樹の作品だから欠かさず読むという事はなくなりましたが(昔はそうだった)それでも村上春樹の長編作品についてはものすごく期待してしまう。

2009年5月「1Q84」の時も同様な記事を書きましたけど、一番最初になにが書いてあるんだろうと、最初のページを開くまでのわくわくした時間。久し振りにそんな気持ちを味わってます。

いいな、こういうの。


*

村上春樹の長編作品の魅力を思うに、目には見えないし言葉だけで説明するのがとても難しいこの世界のことがらについて物語を通して語っているという事がある。そしてそれを読んで共鳴する自分について考えてみる。さて今作については何についてどんな風に書かれているのか。これから暫く読書の楽しみに浸ります。


よたよたキーボード [雑感]

最近夜な夜な2種類のキーボード練習に勤しんでいる。ひとつはコンピュータのキーボード。もうひとつは楽器のキーボード、というかピアノ鍵盤。

どちらも今更なんだの話しなのですが...。

コンピュータを使ってはや30年にもなるし、文字を打つのに何の不自由もないのですが、実はワタシ正しいブラインドタッチというものが出来ないのです。キーを打つ時無意識的習慣的にキーボードを見てしまっている。当然ホームポジション関係なし→正しい指使いの必要なし→10本指をその場その場で器用に使いこなす超自己流。

考えながら文章打つ時に度々中断が入る。ブログ書く時なんか、あの話しをここで挟もうか後にしようか、この表現にしようかあの表現にしようか、この言葉あの言葉・・・と結構多層的にいろんな事考えてると思うんですが、その時都度都度中断が入ると、あれ?俺は何を書こうとしてたんだっけ?の状態になる。まあメモリが小さいだけなんですが…(*_*)

今年に入ってそれを痛感するような事があったもので一念発起してブラインドタッチをマスターしようと思い立った次第。
 
もう3週間。ゆっくりめならキーボードは見ないで打てるようにはなった。が、指使いが崩れてしまう場合がある。タイピングソフト等で決められた文字文章を打つ時は良いですが、ビジネスメールなど急いで打とうするとつい昔の指使いが出てきてしまう。さすがは30年の年季もの。

という事で矯正の為、日夜奮闘中 。

もうひとつはピアノ鍵盤。ここ5年くらい練習習慣がなくなっていたもので…。
 
久し振りに弾こうとしたら指というか頭が全然機能しませんでした。譜面の見方、タテ(音程)とヨコ(拍、拍子)を一瞬で見るチカラといいますか、それが無くなってます。指はまあ動くんですけど残念。

昔出来たものが出来なくなるのも癪なので夜な夜な練習してるという次第。こちらは1週間くらいですけど少し回復しました。昔弾いた曲でも譜読み間違ってる事に新たに気付いたりしてw。


ちょっとキーボード蝕感フェチ(※)なところがあるので、どちらも楽しんでやってます(^.^)
 
 
キーを打つ時、指腹に感じる機構の感触、HP200LXだとプチプチ、NEC PC98ノートだとパコパコ、90年代の安っぽいDOSV機だとカチャカチャ、ピアノだとアクションの作動やらボディの響きやら・・・指腹に感じる触感の気持ち良さ。スマホのフリック入力に未だしっくりこないのはやはりフィードバックが無いからなのかなと思います。
iPhone7ではホームボタンの押込みを振動でフィードバックさせてますけど、あれはちょっと気持ち良い。あれをフリック入力時も付けてくれればいいと思うのです。電池減りそうだけど。

音楽ソフト [音楽]

先週末、今週末聴いていた(いる)もの
 
s-__.jpg
  
●「エビ中の中辛」 
何気にエビ中ファンなのである。安本、小林、柏木ときて今は莉子ちゃん推し(^O^)/
アイドル戦国時代、アミューズのPerfume、Babymetalには優等生的な印象を持ってますが、対してスターダスト、エビ中にはプロレス的なものを感じるといいますか、硬軟自在な感じが好ましく、今まさに旬な楽曲提供陣に支えられていて聞いてて楽しい。
 
 
●「イルマ・イサカーゼのゴルトベルク(SACD)」
2008年に今は無き新宿タカシマヤ12階HMVクラシックコーナーで買ったもの。部屋のCD山脈から堀り出してきたw。
 
 
●「Cre/Ation」
私の4大お気に入りロックバンドのひとつピンクフロイド。先日出た初期フロイド音源映像27枚入りボックスセット約6万円也(◎◎!)のハイライト版。ハイライトとはいえCD2枚組にフロイドの進化が凝縮されていて十二分に聞き応えがある。中でもバンド演奏による「原子心母」演奏や「エコーズ(原曲)」は圧巻。なんて心に触れる音楽なのか。
まず買う事はないと思いますが、ボックスセット本体に収録されているマルセイユ・バレエ団との共演映像とか原子心母、エコーズの4ch音源とか視聴してみたい。ソニーレーベルになった事だし”おせっかい”とかマルチチャネルでSACD化してくれないものか。
 
 
s-2.jpg
 
●「リヒテルの平均律集(SACD)」
しばらく前に購入して放置(中身は90年代から聞き込んだ超有名録音なので・・・)してあったものをようやく開封した。いつからかこのパターンが結構多い。。。
 
 
●「ザ・タイマーズ スペシャル・エディション」
89年発売時買ったCDをその後、あろうことか手放してしまっていて、たまに聞きたいなと思っていたところに今回のリリース。今風のリマスターですがなかなか良い。リマスター本編CD(ボートラ有り)、未発表音源CD、蔵出し映像DVDの3枚組。定価5400円はちょっと高いかな~。
 
これは前から思っている事ですが、タイマーズは差別用語放送禁止用語連発、大麻礼賛、今風にいうと徹底的にポリティカリーインコレクトなバンドですが、その中の一服の清涼剤的な曲だけを取り上げてコンビニ業界No.1セブンイレブンが安直にイメージソング的に使っているのが感じ悪くて仕方ない。ちょっと安直過ぎないかと。CMの楽曲の使い方。例えばいすゞ自動車が”2トン車2トン車ぶっ飛ばせハイウェ~”とか流してたらそれはそれでカッコいいと思ってしまいますが・・・。セブンイレブンの利用頻度が極端に少ない人です。
 
 
●「Oranges&Lemons(CD+Blu-ray)」
私の4大お気に入りロックバンドのひとつXTC。その中のお気に入りアルバムベスト1のOranges&LemonsのAPEレーベル"THE SURROUND SOUND SERIES"版。こちらは3000円弱。 

ブルーレイの巨大容量に、サラウンドver、カラオケver、デモver(アルバム丸ごと!)、プロモ映像、よくわからないダラダラした映像・・・がこれでもかとてんこ盛り。しかも整理分類が巧みで全然ごちゃごちゃしていない。こういうのみると音楽パッケージって愛好者向けにはなるものの、いつまでも魅力ある商品として生き残っていける気がする。素晴らしい仕事。
 
 
♪ 
以上、 音楽ソフトについて支離滅裂に書き散らしてみました。
なんだかんだとだらだらいろいろ書けるのはやっぱりワタシは音楽ソフトが好きなんだな~と。
 
 
 

前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。