So-net無料ブログ作成
検索選択

騎士団長殺し [雑感]

まあ一種のお祭りでもあるので、村上春樹の新作長編「騎士団長殺し」(すごいタイトルだ!)は2月24日発売日に買ってきた。まだページは開いてない。

 s-IMG_0264.jpg


今でこそ村上春樹の作品だから欠かさず読むという事はなくなりましたが(昔はそうだった)それでも村上春樹の長編作品についてはものすごく期待してしまう。

2009年5月「1Q84」の時も同様な記事を書きましたけど、一番最初になにが書いてあるんだろうと、最初のページを開くまでのわくわくした時間。久し振りにそんな気持ちを味わってます。

いいな、こういうの。


*

村上春樹の長編作品の魅力を思うに、目には見えないし言葉だけで説明するのがとても難しいこの世界のことがらについて物語を通して語っているという事がある。そしてそれを読んで共鳴する自分について考えてみる。さて今作については何についてどんな風に書かれているのか。これから暫く読書の楽しみに浸ります。


よたよたキーボード [雑感]

最近夜な夜な2種類のキーボード練習に勤しんでいる。ひとつはコンピュータのキーボード。もうひとつは楽器のキーボード、というかピアノ鍵盤。

どちらも今更なんだの話しなのですが...。

コンピュータを使ってはや30年にもなるし、文字を打つのに何の不自由もないのですが、実はワタシ正しいブラインドタッチというものが出来ないのです。キーを打つ時無意識的習慣的にキーボードを見てしまっている。当然ホームポジション関係なし→正しい指使いの必要なし→10本指をその場その場で器用に使いこなす超自己流。

考えながら文章打つ時に度々中断が入る。ブログ書く時なんか、あの話しをここで挟もうか後にしようか、この表現にしようかあの表現にしようか、この言葉あの言葉・・・と結構多層的にいろんな事考えてると思うんですが、その時都度都度中断が入ると、あれ?俺は何を書こうとしてたんだっけ?の状態になる。まあメモリが小さいだけなんですが…(*_*)

今年に入ってそれを痛感するような事があったもので一念発起してブラインドタッチをマスターしようと思い立った次第。
 
もう3週間。ゆっくりめならキーボードは見ないで打てるようにはなった。が、指使いが崩れてしまう場合がある。タイピングソフト等で決められた文字文章を打つ時は良いですが、ビジネスメールなど急いで打とうするとつい昔の指使いが出てきてしまう。さすがは30年の年季もの。

という事で矯正の為、日夜奮闘中 。

もうひとつはピアノ鍵盤。ここ5年くらい練習習慣がなくなっていたもので…。
 
久し振りに弾こうとしたら指というか頭が全然機能しませんでした。譜面の見方、タテ(音程)とヨコ(拍、拍子)を一瞬で見るチカラといいますか、それが無くなってます。指はまあ動くんですけど残念。

昔出来たものが出来なくなるのも癪なので夜な夜な練習してるという次第。こちらは1週間くらいですけど少し回復しました。昔弾いた曲でも譜読み間違ってる事に新たに気付いたりしてw。


ちょっとキーボード蝕感フェチ(※)なところがあるので、どちらも楽しんでやってます(^.^)
 
 
キーを打つ時、指腹に感じる機構の感触、HP200LXだとプチプチ、NEC PC98ノートだとパコパコ、90年代の安っぽいDOSV機だとカチャカチャ、ピアノだとアクションの作動やらボディの響きやら・・・指腹に感じる触感の気持ち良さ。スマホのフリック入力に未だしっくりこないのはやはりフィードバックが無いからなのかなと思います。
iPhone7ではホームボタンの押込みを振動でフィードバックさせてますけど、あれはちょっと気持ち良い。あれをフリック入力時も付けてくれればいいと思うのです。電池減りそうだけど。

すごく具体的な話 [雑感]

ご多分に漏れず毎週火曜10時からTBSでやっている「逃げるは恥だが役に立つ」を観ている。きっかけはこれまた世間で話題の恋ダンスなんだけど、ガッキーちゃんのダンスがカワイイのは当然として実は石田ゆり子さんのダンスも妙に可愛かったりする。石田ゆり子演じる土屋百合はガッキーちゃん演じる森山みくりの伯母(!)役でアラフィフ設定...いや、この可愛さはアリ得ない・・・と、今回はそういう話ではない。

部屋の話である。星野源演じる津崎とみくりが同居?するマンションなのであるが独身男(35)が独り暮らしするにはかなり広い。65平米はこえるのではないか。賃料はざっと18~20万? 30代半ばのシステムエンジニア職、みくりに20万からの給与を払えるわけだからそれなりの収入はあるのだろうがそれにしても贅沢な部屋である。

さらに津崎はいつもカジュアルな服装なのであるが、着ているシャツはUNIQLOとかそういうファストなものでなくSHIPSとかUAとかのセレクトショップに並んでるようなやつで、さらに日が変って同じものを着ているのを見た事がない、なんじゃそりゃ。そういえばリビングの棚にチボリオーディオのセットがさりげなく置いてあるな約10万円・・・と、今回はそういうルサンチマン的な話でもない。

広いしお洒落だしなんじゃこのいい部屋。それに比べて(ワタシの)部屋のなんとごちゃごちゃしてる事よ、とほほ。 部屋の広さは物理的に仕方ないとして、やはり床に物を置かないとかインテリアのセオリーを守っているからだろうな...などと思いながら見ていてどうしようもない事を認識する。

ワタシの部屋は、部屋よりモノの方が大きい!

いや、部屋の中に収まっているわけだからそれより大きいモノはないですが、存在というか主張が部屋よりモノの方が勝っている。1000枚に達しようかというレコードの他、本の量がものすごい。レコードは自然置き方が決まるものなのでスペースはとってもそれほどゴチャゴチャはしないんですが、本の場合は本棚に入りきらなくなった(というかもはや本棚があるのかないのかすら分からない状態ですが)本の山が居間だの寝室(みたいな部屋)のあちこちに積み上がっている。数えた事も数える気もないですが推定千数百冊。これは駄目だ。。。

趣味:読書といえるほど本読んでるわけではないと思うのですがしかし、バーナード嬢曰く見てニヤリとする程度には本好きで、書店があるいとつい入ってしまう感じ。最近ネットのおかげで雑誌類は買わなくなりましたが、本はつい買ってしまう。出版不況のせいかカタログされている書籍もしばらくすると絶版になってしまう事もあるので以前よりむしろ財布の紐がゆるくなってしまっているような気が・・・。津崎の部屋にはこんなに本がない、当たり前ですが。。。

以前は近所に買取を行ってくれる複合書店(しかも某ブックオフなどに比べて査定がゆるい)があって、読まない本があるとちょくちょく持っていっていたのですが、出版不況のせいなのかそこが閉店してしまい、おかげで今は増える一方になってしまっている。そりゃ山が積み上がるわ。

モノに限らず、お金も栄養も(知識、情報も)そうですけど、人生というか生活は、入力/出力のバランス(を維持する事)だと思います。広い部屋に引っ越す前にモノを減らす方が先決ですよね、やっぱり。。。 
 
 

初号機、巨神兵、ゴジラ [雑感]

シン・ゴジラ関連でエヴァTVシリーズがもう一度観たくなり、輸入格安DVDボックスを探して、劇場版(旧)と併せて、ここしばらく見直していた。

テレビ放送当時、グダグダで意味不明だった最終2話付近も、DVDで確認しながら(wikiの助けも借りて)見ると、きちんと整合性ある筋道があった事がわかる。要は劇場版で表現されている現実世界(外面世界)の出来事の同じ時間軸での各人物の内面を表現したものが最終2話であったという構造。

とはいえそれ後付けの話であって、本来テレビシリーズなんだから、その中で完結させてなきゃ駄目でしょ。ヒト、金、時間・・・等々、
やっぱり不足の露呈だったのかなと思ってます。。。

にしても最後の展開というのは、サイエンスフィクションに抵抗ない自分にもかなりぶッ飛んだものといわざると得ない。イマジネーション限界ぎりぎりのレベル。作り手の想像力ってすごいよね。劇中劇や「私」を登場させる手法についてはちょっと消化不良な感じはしましたけど…。

***

話戻ってシン・ゴジラ。2回劇場に観に行った。

1回め。絵の構図とか音楽とか雰囲気とかこれエヴァの実写版?の印象が強い。初号機⇔巨神兵→ゴジラのイメージが重なる。

震災、意思決定システム、自衛隊と国防、米軍、空爆、東京大空襲、原爆投下、日本人のチカラ、復興・・・いろんなテーマ、メタファーを多層複層的に詰め込む、またオタクどもが語り始めるなこれは…等と余計な事考えつつも、その映像の圧倒的な迫力に驚嘆。音源の使い方も素晴らしい。大拍手。

2回目になると少し分析的になってしまい今度はストーリーの予定調和的なところが目についてしまった。クライマックスでの質量兵器を使いまくった後の重機群の動きとか、折り紙の解法のところとか、そもそもあれだけの巨大プロジェクトをあの短時間で完遂するのは現実無理だわな...とか。国家をステレオタイプに見てるよね、ちょっと。

ゴジラ(怪獣)という虚構存在をテーマとしつつも、リアリティを追求し成功したがゆえ、今度はそれを崩してしまうものが看過できない視点が生まれてしまったといいますか・・・それ虚構対現実?。そもそもキャッチコピーでもあった「現実対虚構」とは何の事か?。額面どおり(振られたルビ通り)に受け取ると「架空の巨大不明生物ゴジラに対するニッポンのチカラ」なんだけど、「作品「ゴジラ」と過去~現在の日本の現実の対比」みたいな視点でもおかしくなさそうだし。考え始めると深い罠に嵌っていきそうです。

テーマとかメッセージとかこじつけ始めるとキリがないですけど、なにより今作いちばんの評価はオリジナル1作目にあったゴジラの畏怖を今の日本・東京に蘇らせた事にあると思ってます。色んな現実感ある要素を使って感情移入させるその見せ方は見事というほかない。圧倒的破壊神たるゴジラを蘇らせた、それだけで大成功といえるのではないかな。

これから海外でも公開されますけど、各地でどんな評価を受けるのか楽しみです。日本研究のテキストになったりしそう。「ゴジラのガワ着せた不明生物型兵器なら、尖閣諸島どころか首都圏にもやすやすと上陸できるじゃん(by 中国共産党)」とか・・・。
いや、それメカゴジラですから。。。


ダウンロード.jpg
しかし…巨神兵東京に現る、ならぬ、ゴジラ東京に現るですな・・・。

わたしを離さないで第6話 [雑感]

ん?なんかおかしくない? 

TBS金曜ドラマわたしを離さないで第6話の佳境、小屋の中で美和が、恭子と一緒に猶予を申請してはいけない訳を二人に訴えるシーン。恭子が毎晩のように複数の男を連れ込んでいる(とアグリさんに聞いた)からというもの。
これ、アグリさんもしくは美和がそれぞれの嫉妬から嘘をついていると最初は思ったのですが、話しの序盤、トモとの事で頭がいっぱいの恭子が、訪れた顔の見えない男に向かって今日は疲れてるからと断るシーンが伏線としてあるわけで、そうすると悪いのは(いや別に悪くないですが)そういう行為を行う恭子という事になる。
本作のテーマとこれまでの展開から、恭子が寂しさを紛らわす、もしくは楽しみを求める為、そういう行為があったとしても別におかしくはないわけで、ああそういう展開か、運命のいたずらという展開か、と思ったのですが、そうすると変なのは、毎晩のように無遠慮に恭子の部屋をマグカップを持って訪れる美和がなんでそれに気づかねえんだ!ということになる。というかあのコテージの構造だと室内の会話ですら隣室や廊下に筒抜けのはず。なんかおかしくない?

とうとうと書いて参りましたが私が一体何を言いたいのかというと、このドラマ、人物の感情の機微とかそれなりに細かく表現されていて良い、でも若干詰めが甘いな、まだまだだな、という事。
あっ、ドラマ自体は面白いし見応えもあります。みんな見てね(^O^)/

詐欺サイト [雑感]

あろう事か、詐欺サイトにやられてしまったのである。

ショッピングサイトもどきの詐欺サイトで、クレジット決済を行ってしまい、クレジットカード情報と代金2400円也を渡してしまった。

何ともカッコ悪く恥ずかしい話しなのですが、これからの被害者を一人でも減らしたくて、ブログに書くことにしたのである。


<経緯>
・音楽関連のある書籍(アマゾン在庫なし。絶版間近?)を探していて、グーグル検索してみたら、検索順位2番目にそのショッピングサイトの商品ページが表示されたのである。しかも定価20%オフ、送料無料で。

こりゃラッキーと思い、即ポチして、迂闊にもクレジット決済まで行ってしまった。

※もはやインターネット通販を利用する事になんの疑問も抱かなくなっており、金額も1600円くらいのものだったので、つい慎重さを欠いてしまった。

で、翌々日に、ふと、あれ?あの注文、配送日に関する連絡を貰っていないな、いつ届くんだろ?と疑問がわいて、あれこれを確認し始めたところが、次々とおかしな部分に気づいてしまった。時すでに遅し。


<おかしな点>
・サイト上での購入金額(1641円)とクレジットカード利用金額(2395円)が異なっている。
・クレジット明細上、なぜか海外取引となっている。

・サイト側でこの注文に振られた「ご注文番号」は108番である。100って...注文少なっ。

・翌日、意味不明な日本語で簡体字中国語フォントのメールが来ていた。
 (件名:ご入金予定日のお伺い。クレジット決済済みの筈なのに。)

・こちらからの問合せメールには無反応。

・購入時はその商品ページに直接飛んだため気づかなかったが、改めてトップページを見ると、リストされている商品が一律20%オフとなっている。さらにここに載せてある商品データは他のショッピングサイトからパクったもののようである。

・トップページ及びブラウザのタイトルバーに名前(社名なり商号なり)がない。

通信販売サイトなのに、特定商取引に関する法律に基づく表記がない。
(会社概要表記は一応ある。ただ調べてみると内容は出鱈目...。)

・ネットの知恵袋サイトには同様の詐欺サイトの事例が多数あった。それらの事例と自分がやられたサイトは別のものだが、サイトの作り・構成が全く同じ。

ドメイン情報検索すると、国はバングラデシュ、メアドは中国、電話はニュージーランドのもの、と無茶苦茶

ここに至って、これは詐欺サイトだなと確信し、クレジットカード会社にカードの停止と再発行を依頼した。


<問題のサイト>(LYCSTIWE.COM)
 
  lycstiwe.jpg
ショッピングカートありマイページあり。ショッピングサイトの作りとして至極真っ当。 
商品もその分野のものがきちんとカタログされている。予め疑って見てないと怪しさはわからない。

 
振り返ると、怪しい部分もそれなりにあったにも関わらず、それに気づけなかったのが情け無い。 
海外(おそらく中国)で巧みに活動している以上、いったん騙されたら後は泣き寝入りするしかないのが現状。被害額2400円。金を無駄遣いしたならまだしも、悪意ある連中に与えてしまったというのが腹立たしい。
 
かなり大規模に行われている手口みたいで、同様のサイトがかなり大量にあるみたいです。  
アマゾンとかヨドバシとか明らかに信用のおけるものを除いては、初めてのサイトを利用する時は過度に疑ってかかるくらいがちょうどよいかと。
 
皆様是非是非ご注意を。
 
 

恨み節 [雑感]

先日、突然思い立ってウン年ぶりに記事を書いて、よし次も書くかと管理ページを開いて書き進め、ほぼ9割方出来た時点で、保存ボタンを押したところが、数分経過後に「技術的なエラーが発生しました。もう一度お試しください」とページそのものが消失。

「えー、また書くの~」(恨み節)

ブログシステムが投稿予定の記事を消しちゃってどうするのよ、と思う...

普通に記事閲覧するだけでもタイミングによってはもたつく事があるし、記事に付けた筈のコメントが反映されていないケースがあったような気もするし・・・。なんたらアバターとかなんたらSNS連携とかアフィリエイトとか、ベタベタと余分な機能を付加する前に基本的なところをしっかりして欲しいと思う。というか別にそういうのどうでもいいんだろうな、多分。

にしても3年経って、以前と全く同じ不満を抱かせるのがある意味ですごい。

まあ今では、ソネットがどうのこうのの前に、ソニーという名前自体がもはやなんとなくトホホな感じのするものになってしまってるもんな。嫌味っぽい言い方ですけど。

時代が変ってしまいました... 
 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone 4Sの出来に驚く [雑感]

今頃になってしまったのだけどようやくiPhone4Sを入手することが出来た。

結局”3G”を3年以上も使い続けて、今ではハード性能がソフトの要求に追いつかずメモ帳での文字入力すらモタモタする始末。さらにはソフトバンクネットワークの見直しとかでOSのバージョンアップを促されるも(しないと回線切断がよく起きる)これ以上のバージョンアップに耐えられるはずもなく・・・もう限界。

本当は2010年の”4”発売時に機種交換する予定だったのだけど、狙っていた「ホワイトモデル」発売がずるずると1年近く延期されて、その間に次期モデルの声が聞こえたりして…結局タイミングを逸してしまったという次第。

###

今回はAppleストアで購入・手続きを行った。端末の説明、キャリアとの契約・オプション等の説明等、テキパキテキパキと進めてくれてとても印象が良かった。MAC端末で操作するソフトバンク申請用アプリがWINDOWSアプリなのがちょっとアレでしたが。。。

※Appleストアにはさまざまな国籍人種の店員が居るのだが、皆「えっ!」と思うほど日本語が上手い。声だけ聞いているとあなた日本人かと。日本語スピーチテストみたいなものがあったら滑舌悪い自分なんかより絶対高得点を取れそうだ。。。

###

4Sを手に持って改めて思ったのだけれど、モノとしての出来というか存在感というか本当に素晴らしい。オーパーツ感というかアンティキテラ感というか、なんだか別の時代のモノが突然ここに紛れ込んだような異質感。なんでしょうね、これは。

日本に初めて導入された3Gを見たときもその先進性にびっくりしたけど、それから3年を経てフォロワーがたくさん市場に出回っている今でもなお、これは圧倒的だなあと思う。ハード、ソフト、それを取り巻くシステムがきれいにデザインされている印象なんだね。

AppleのブランディングのひとつとしてのAppleストアの雰囲気とか、製品の素晴らしさとか・・。ジョブズという人が、巨大なAppleの世界を、全てそうすべくしてそういう風にしていったのだと考えてみると、うーん、これはやっぱりすごい偉業だと唸ってしまったのでした。

RIMG0051.JPG

※今回の4S。キャリア選択がちょっとした話題(先日ドコモのiPhone参入のニュースリークなんかもあった)になってますけど、少なくとも自分の行動圏(ほとんど都心部)で使っている分にはソフトバンクで全然問題ない、というかこれまでに比べると驚くほど速い。結局ネットワークの問題に加えて端末の処理速度&処理の仕方というのも体感速度の大きな要素なんだなと...当たり前か。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月8日 [雑感]

RIMG0089.JPG


RADWIMPSの新譜「絶対絶命」。初回生産分が"透明仕様”との事で、「ええっ!CD盤が透明なの?」と期待して買ってみたら、ジャケットライナー)がフィルム状の透明な仕様になってる(だけ)。とはいえ作品(野田洋次郎)の世界をうまく表した凝ったデザインではある・・・のかな(中身はまだ聴いてません。


確定申告行ってきた。しないといけないのか?した方が良いのか?いまいち判然としないところがあったのですが、「折角の機会だし...いつか高額所得者として”する必要”が出た時に役立つかも知れないし...うふふ(多分ない。。。)」という事で、それなりの準備をして税務署を訪問。時期が時期だけに待ち時間こそ多少ありましたが、パソコンコーナーに案内されて(アルバイト?の係の方に)手取り足取り指示されて、あれよあれよという間にあっけなく終了。これがあの確定申告というもの?こんなに簡単に済むなら、もう少し早めに済ましておくんだったよ。。。

というか、ある見方をすれば国の仕組み=税の仕組みなわけですけど、ずっとサラリーマンしていると、本当は自分でするもの、という感覚がどうしても弱くなってしまう。自分だけかもしれないけど・・・。まあ、いい経験にはなりました。


金額の多寡の問題ではないのだろうけど(わずか?)25万円の不正献金で”外務大臣”を辞するというのはどう見ても不自然。他に叩かれたら困る大きなものがあった、と誰もが思ってる(ものすごい逆効果になってるジャン。。。


東北新幹線「はやぶさ」騒動(ホームに鉄オタが落ちた、緊急停止ボタンが押された・・)とか、カンニング騒動における「ネットを使った社会不正(と思しきもの)があると嬉しくて仕方無いマスコミの姿」とか、世の中がなんだか筒井康隆のドタバタ小説みたいになってるなあ・・と思った。


 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3ヶ月 [雑感]

タバコを吸うのを止めてから既に3ヶ月なのである。
途中思わず吸いたくなりそうなシーンもありましたが、
自分の意思の強さとかストレスの無さとか、あと美咲ナンバーワンとかw、
そういういろいろなもののおかげで結局1本も吸ってません。
「しないと思った事はしない」というのは我ながらクールだなあと・・・自画自賛。

不思議なんですけど、今でもタバコの煙は全然気になりません。
どちらかといえば街で見かける禁煙監視員の方が気持ち悪い。
マナーの領域に属する事をルールのごとく扱うとどこかで歪みをもたらすと思うんだけど。


で、タバコ止めて3ヶ月という事は前回の記事を書いてから3ヶ月が過ぎたという事にもなるわけで、
道理でブログページに勝手に広告リンクが付きやがるわけなのである。

確かソネットblogは2ヶ月更新がなかった場合に広告リンクが付いて、更新したら解除されるシステムの筈。「この人はブログ更新をサボっている怠惰な男です」とマーキングされてるみたいであまり気持ち良くはないんですが、それが嫌なら自分で環境持てって事だから仕方ない。


更新をサボっていた理由はいろいろあるのだけど、
ここのところの興味がSomethingExtra的な事からは少し外れていて、
そういうオマケ的ではないものをきちんと記事にしようとした場合には、
ある程度具体的な事にも触れざるを得ない訳で、
なんだかブログというのは面倒なものだなあ、
などと思ったりしていた次第。

特にブログが書けないような状態にあったという事ではないです。


細かい事を書くといろいろ支障があるので書きません(&書けません)が、とりあえず次の仕事は決まってます。3月下旬からの勤務予定。ある意味では新鮮だった時間がこれで終わってしまうのはちょっと寂しい。


今の時代なので、就職活動に際しては転職サイトとか機関とか一部利用していましたけど、
その功罪というかアホらしさというか・・・そのもろもろについては何かで書くかも知れない。
もちろん便利な面もありますけど、同時に就職活動というものを混乱させている原因のひとつじゃないか、等とも思っています。


就職活動は別として、これまで何をしていたかといえば、学校(職業訓練)に通ってました。
自分の状況を考慮した場合に特に職業訓練というものが就職に役立つと思って始めた訳では
ないのですが、興味のある分野があったのと、なんとなく時間がもったいないと思ったから。

当初に自分で設定した目標は達成出来た事もあって近々退校する予定です。

大学卒業して20年近く、久しぶりに授業で学ぶという経験をしたわけですけど、
実際の内容以上に、自分の事とか社会の事とか色々な事に気づけたのは
すごく意義があったなあと思ってます。
とはいえ、これもあまり具体的な事、書けないんですけど・・・読み甲斐のない記事。。


さっと書いてしまいましたけど、今回はこれで終わります。
最近は買ったレコードで「ハズレ」が多いのが悩みです。
レコードプレーヤーの調子も良くないし・・・。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。