So-net無料ブログ作成

すごく具体的な話 [雑感]

ご多分に漏れず毎週火曜10時からTBSでやっている「逃げるは恥だが役に立つ」を観ている。きっかけはこれまた世間で話題の恋ダンスなんだけど、ガッキーちゃんのダンスがカワイイのは当然として実は石田ゆり子さんのダンスも妙に可愛かったりする。石田ゆり子演じる土屋百合はガッキーちゃん演じる森山みくりの伯母(!)役でアラフィフ設定...いや、この可愛さはアリ得ない・・・と、今回はそういう話ではない。

部屋の話である。星野源演じる津崎とみくりが同居?するマンションなのであるが独身男(35)が独り暮らしするにはかなり広い。65平米はこえるのではないか。賃料はざっと18~20万? 30代半ばのシステムエンジニア職、みくりに20万からの給与を払えるわけだからそれなりの収入はあるのだろうがそれにしても贅沢な部屋である。

さらに津崎はいつもカジュアルな服装なのであるが、着ているシャツはUNIQLOとかそういうファストなものでなくSHIPSとかUAとかのセレクトショップに並んでるようなやつで、さらに日が変って同じものを着ているのを見た事がない、なんじゃそりゃ。そういえばリビングの棚にチボリオーディオのセットがさりげなく置いてあるな約10万円・・・と、今回はそういうルサンチマン的な話でもない。

広いしお洒落だしなんじゃこのいい部屋。それに比べて(ワタシの)部屋のなんとごちゃごちゃしてる事よ、とほほ。 部屋の広さは物理的に仕方ないとして、やはり床に物を置かないとかインテリアのセオリーを守っているからだろうな...などと思いながら見ていてどうしようもない事を認識する。

ワタシの部屋は、部屋よりモノの方が大きい!

いや、部屋の中に収まっているわけだからそれより大きいモノはないですが、存在というか主張が部屋よりモノの方が勝っている。1000枚に達しようかというレコードの他、本の量がものすごい。レコードは自然置き方が決まるものなのでスペースはとってもそれほどゴチャゴチャはしないんですが、本の場合は本棚に入りきらなくなった(というかもはや本棚があるのかないのかすら分からない状態ですが)本の山が居間だの寝室(みたいな部屋)のあちこちに積み上がっている。数えた事も数える気もないですが推定千数百冊。これは駄目だ。。。

趣味:読書といえるほど本読んでるわけではないと思うのですがしかし、バーナード嬢曰く見てニヤリとする程度には本好きで、書店があるいとつい入ってしまう感じ。最近ネットのおかげで雑誌類は買わなくなりましたが、本はつい買ってしまう。出版不況のせいかカタログされている書籍もしばらくすると絶版になってしまう事もあるので以前よりむしろ財布の紐がゆるくなってしまっているような気が・・・。津崎の部屋にはこんなに本がない、当たり前ですが。。。

以前は近所に買取を行ってくれる複合書店(しかも某ブックオフなどに比べて査定がゆるい)があって、読まない本があるとちょくちょく持っていっていたのですが、出版不況のせいなのかそこが閉店してしまい、おかげで今は増える一方になってしまっている。そりゃ山が積み上がるわ。

モノに限らず、お金も栄養も(知識、情報も)そうですけど、人生というか生活は、入力/出力のバランス(を維持する事)だと思います。広い部屋に引っ越す前にモノを減らす方が先決ですよね、やっぱり。。。 
 
 

初号機、巨神兵、ゴジラ [雑感]

シン・ゴジラ関連でエヴァTVシリーズがもう一度観たくなり、輸入格安DVDボックスを探して、劇場版(旧)と併せて、ここしばらく見直していた。

テレビ放送当時、グダグダで意味不明だった最終2話付近も、DVDで確認しながら(wikiの助けも借りて)見ると、きちんと整合性ある筋道があった事がわかる。要は劇場版で表現されている現実世界(外面世界)の出来事の同じ時間軸での各人物の内面を表現したものが最終2話であったという構造。

とはいえそれ後付けの話であって、本来テレビシリーズなんだから、その中で完結させてなきゃ駄目でしょ。ヒト、金、時間・・・等々、
やっぱり不足の露呈だったのかなと思ってます。。。

にしても最後の展開というのは、サイエンスフィクションに抵抗ない自分にもかなりぶッ飛んだものといわざると得ない。イマジネーション限界ぎりぎりのレベル。作り手の想像力ってすごいよね。劇中劇や「私」を登場させる手法についてはちょっと消化不良な感じはしましたけど…。

***

話戻ってシン・ゴジラ。2回劇場に観に行った。

1回め。絵の構図とか音楽とか雰囲気とかこれエヴァの実写版?の印象が強い。初号機⇔巨神兵→ゴジラのイメージが重なる。

震災、意思決定システム、自衛隊と国防、米軍、空爆、東京大空襲、原爆投下、日本人のチカラ、復興・・・いろんなテーマ、メタファーを多層複層的に詰め込む、またオタクどもが語り始めるなこれは…等と余計な事考えつつも、その映像の圧倒的な迫力に驚嘆。音源の使い方も素晴らしい。大拍手。

2回目になると少し分析的になってしまい今度はストーリーの予定調和的なところが目についてしまった。クライマックスでの質量兵器を使いまくった後の重機群の動きとか、折り紙の解法のところとか、そもそもあれだけの巨大プロジェクトをあの短時間で完遂するのは現実無理だわな...とか。国家をステレオタイプに見てるよね、ちょっと。

ゴジラ(怪獣)という虚構存在をテーマとしつつも、リアリティを追求し成功したがゆえ、今度はそれを崩してしまうものが看過できない視点が生まれてしまったといいますか・・・それ虚構対現実?。そもそもキャッチコピーでもあった「現実対虚構」とは何の事か?。額面どおり(振られたルビ通り)に受け取ると「架空の巨大不明生物ゴジラに対するニッポンのチカラ」なんだけど、「作品「ゴジラ」と過去~現在の日本の現実の対比」みたいな視点でもおかしくなさそうだし。考え始めると深い罠に嵌っていきそうです。

テーマとかメッセージとかこじつけ始めるとキリがないですけど、なにより今作いちばんの評価はオリジナル1作目にあったゴジラの畏怖を今の日本・東京に蘇らせた事にあると思ってます。色んな現実感ある要素を使って感情移入させるその見せ方は見事というほかない。圧倒的破壊神たるゴジラを蘇らせた、それだけで大成功といえるのではないかな。

これから海外でも公開されますけど、各地でどんな評価を受けるのか楽しみです。日本研究のテキストになったりしそう。「ゴジラのガワ着せた不明生物型兵器なら、尖閣諸島どころか首都圏にもやすやすと上陸できるじゃん(by 中国共産党)」とか・・・。
いや、それメカゴジラですから。。。


ダウンロード.jpg
しかし…巨神兵東京に現る、ならぬ、ゴジラ東京に現るですな・・・。

スーパーファミコンエディション [HOBBY]

春に注文していた任天堂3DS LL SUPER FAMICOM EDITIONが到着して暫く放置していたのをようやく開封...したので記事にしてみる。

もはやゲーム習慣もないのに、何故今またこんなの欲しくなったかといえば、素晴らしいデザインセンスに心惹かれたのと、ヴァーチャルコンソールで昔のスーパーファミコンソフトをやってみたくなったから。FZEROとかMOTHER2とか。
 
※Tumblrでいつだか「マザー2」の記事が流れてきて、一度やってみないといかんなと思っていた(90年代当時は糸井重里的世界が苦手でやらなかった。今はそれも好きなんですが・・・SMAPの「まざつー」CM懐かしいですね)。

ファミコンやスーパーファミコンのソフト。レトロゲームなんていわれますけど、ゲームってグラフィックが進化、複雑化しただけで、ゲームシステムやそのエッセンスは当時にもう完成されていると思ってる。むしろ目に優しくて良いかと・・・。
 

お約束で・・・元祖スーパーファミコンと並べてみました。
 
s-P1000634.jpg 
本体はスーパーファミコンのカラー&デザインを踏襲。
元祖の方、ずいぶん変色してます。経年変化というよりヤニ汚れ?。
当時90年代前半頃の自分はタバコをプカプカ吸いながらひたすらゲームに興じるというような事が多かったもので・・・。まっ、楽しかったですけど。 
 
s-P1000636.jpg 
コントローラー。赤・黄・青・緑はスーパーファミコンカラー。 

s-P1000628.jpg
新旧親子亀状態。パッケージのデザインも一緒。こういう丁寧な仕事ぶりがさすが任天堂。
 
 
任天堂の商品には、ゲーム機にもソフトウェアにもサービスにもいつも一貫したトーンがある。それは理念か哲学か。子供や大人に楽しく遊んでもらう事を1番と考えた(と思う)山内さんとか岩田さんとか宮本さんとかの心、志が浸透しているのだと思う。素晴らしい企業だな。


(追記) 
ブログ記事用に開封し液晶フィルムを貼って写真撮影に臨んだが・・・その際、ACアダプターが別売である事が発覚した。うーん、クソ暑い中これから買いに行く・・・。 
 
 

バトル・オブ・HG [健康]

話は今から5年前。ちょうど東日本大震災のあった年の8月にさかのぼる。
 
ある夜、お風呂で洗髪中にふと鏡に映る自分の顔に目が留まった。入浴時は浴室の鏡も曇っているし、普段めったに洗髪中の自分の顔を見る事などないのだが、たまたまその日は見てしまった。
 
ん?ん?
鏡に映った自分の顔(というか正確には頭なのであるが)を見た時、 自分の目を疑った。
「髪がなくなってる」 
 
洗髪でびしょびしょの自分の頭なのであるが地肌部分の露出がすごい。受けた印象が、枯れた森といいますか、海に浮かぶ島々といいますか、そんなインパクト。濡れた自分の顔がなんだか落ち武者状態。
「なんやこれー」 
 
自分は昔から白髪は目立つものの、髪は床屋さんが嫌がるほど硬く、量もそれなりで、祖父も親父もハゲ&薄毛だけど自分だけは大丈夫だろとタカをくくっていたのが、なんでこんな事態になってるのやら。そもそも一体いつからこんな状態が進んでいたのだ。なんだこれは。
 
「はっ!これはもしかして放射能の影響なのかも・・・」などと、科学的で無い事も一瞬考えたのですが、そんなものより可能性の高い要因など挙げればいくらでもある。
 
「もう年だな。。。」終わりの始まりというか、人生の秋を感じてしまった。。。
 
しかし、薄くまばらな感じはあるものの、別にはっきりとどこかがハゲているわけではなし。多少気にはなるものの、まあこんなものかと。折に触れ、上からの他人の視線が気になった時などに「いつか対策を考えなくてはならんな・・・」などととりあえずは危機感なし、鷹揚の構え。
 
それから5年。非常に緩やかではあるがしかし確実に髪は、細く少なくなっていっていたのであった(続く)。 
 
 
 

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恋の歌 [レコード]

s-__.jpg
遠藤賢司は東京ワッショイ(不滅の男)、カレーライスとか聞いてて(それくらいしか聞いていなくて)、このアルバムが発売された時もいいジャケットだなあと思いながらも、著名人諸氏の絶賛コメントから内容を勝手に想像、ネット試聴で確認し、それでスルーしてしまっていた。今回穴太郎本に紹介されていたのがきっかけで聴いた。
 
途中で感涙してしまった。

年をとって自分がもう老けてしまったなと思う男性。
好きな人がいる人いた人いない人。
是非聞いて欲しい。
きっと感じ入るものがあると思います。
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。